アトピーは悪化する?

アトピーはいろいろな条件で悪化することをご存じでしょうか。
その原因は日常生活にもあり、また薬のために悪化することもあります。
そして季節によっても悪化します。
特に冬はアトピー性皮膚炎の人にとってはドライスキンが増えることでも、要注意の季節なのです。
乾燥肌が酷くなることで、皮膜がはがれてしまい、肌を細菌やアレルゲンから守ることが出来なくなります。
また風邪をひいてもアトピーが悪化するとも言われています。
まず咳や熱で睡眠不足になるとアトピーは悪化して酷くなってしまいます。
鼻水が出たり鼻づまりも起こり、それによって鼻をかんだりすると鼻周辺の皮膚がボロボロになり、アトピーの人はより酷い状態になります。
また風邪によってビタミンやコラーゲンが減少するので、よりアトピー悪化になる条件が重なってしまいます。
アトピーはもともとアレルゲンが侵入して、かゆみや痛み、炎症が起こる原因になります。
アレルゲンに対して異常反応するのは免疫力の乱れだとも言われています。
そしてその免疫力が落ちると、よりアトピー皮膚炎も悪化するのです。
では免疫力というとどんな原因で乱れるのでしょう。
そこにはストレスがとても深く関係しています。
つまりストレスなどによって免疫力が乱れ、それによって何かの成分をアレルゲンとして異常反応して免疫力が働いてしまうということなのです。
間違った免疫作用がアトピーになる原因なので、その上ストレスを抱えてしまうとますますアトピーは悪化するということなのです。
このようにアトピーは条件が重なると悪化してしまいます。

[Recommend Site]
アトピー対策用のスキンケア商品を取り扱っている通販サイトです ⇒ アトピー 対策